Skip to content
2012/07/11 / mayve

一般廃棄物の収集運搬の許可を持っていない業者に対しては, 廃品回収をしてもらっても,1円も払う根拠はありません

よく,軽トラで回ってる廃品回収業者: 行政書士のよもやま話 より引用

廃棄物は,産業廃棄物と一般廃棄物に大きく分けられます。
これの収集運搬業は,許可が必要で,その許可はそれぞれに分かれております。

家庭からの廃品(ごみ)の回収は,一般廃棄物の収集運搬にあたり,各市町村ごとの許可になります。
本来,この仕事は,各自治体が行うものであり,一般企業がどこでもできるものではありません。
たいてい許可を持ってないでしょう。

そこで,業者は苦肉の策として,
古物の売買として,事業を位置づけたりもします。(古物商許可をとる)

ただし,古物(リサイクル品)の取引は,お客さんがお金をもらうことはあっても,払うことはありません。
払ったとしたら,それは廃棄物処理の対価と考えられます。(許可要)
すると,一般廃棄物の収集運搬の許可を持っていない業者に対しては,
廃品回収をしてもらっても,1円も払う根拠はありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。